HOME>Column>結婚祝いのお返しは感謝の気持ちを込めて贈ろう

結婚祝いのお返しは感謝の気持ちを込めて贈ろう

内祝い

結婚祝いと結婚内祝いは違う

結婚祝いと結婚内祝いは同じ言葉に感じてしまいますが、実は逆の意味があります。結婚祝いは結婚する二人のために祝ってくれる人に贈り物をしてくれることです。結婚内祝いは結婚祝いを贈ってくれた人にお返しをすることです。かつてはお祝いすることがあったときに、親族や仲の良い人に自分たちの幸せをわかちあって一緒に喜んでもらうために贈り物を贈っていたそうです。身内のお祝いから内祝いになったそうです。幸せのおすそわけという意味があるので、実は結婚祝いをもらっていなくても実は結婚内祝いは贈っても大丈夫です。ただし、最近は結婚内祝いはお返しの意味が強いので何も贈っていない人に内祝いを贈っても驚かれてしまいます。結婚式をあげていない二人やまだ結婚の報告をしていない人に挨拶がてらちょっとした金額のものを内祝いを贈るのがベストになるのではないでしょうか。

ギフト

お返しをする時のマナー

結婚祝いだけではありませんが、お祝いをいただいたらお返しは早めに返すことがマナーです。結婚後でも大変忙しいですが遅くても1ヶ月以内にはお返しすることがマナーになるので、忙しすぎて贈れないというときには、デパートで手配したり宅配便を利用したりする方法も遅くなるよりは失礼にならないので利用してみましょう。直接渡せないときにはお礼のカードなどを添えておくとより誠意を感じます。贈り物は単純になんでも贈ってよいということではなく縁起物にこだわってみるのもおすすめです。バームクーヘンは引き菓子として人気がありますし、いくつものおめでたいものはありますが食べ物を選ぶときには期限が長いものを選ぶようにします。NGな贈り物は刃物や割れ物は結婚でのタブーな言葉の切れるや割れるのイメージに繋がるので避けるようにします。